タバコをやめる為のサイト

禁煙の目的 何故?何のために禁煙するのか
タバコの害ってなんだろう タバコのメリットデメリットとはいったい
禁煙失敗の原因 禁煙失敗から学ぶ回避策
おすすめ禁煙補助グッツ タバコをやめる手段は沢山ある
タバコ関連情報

当サイトについて

「百害あって一利なし」と言われるタバコ。禁煙の理由は人様々だとは思いますが、国を挙げての禁煙ブームが定着しつつある日本国内において、肩身の狭い生活をを送ってきた私は「タバコの無い日常」を提案します。

HOME >  禁煙失敗の原因 禁煙失敗から学ぶ回避策

禁煙失敗の原因 禁煙失敗から学ぶ回避策

禁煙失敗の原因 禁煙失敗から学ぶ回避策

なぜ禁煙が失敗してしまうのでしょう。
人により様々な原因があると思いますが失敗する人には大きく分けて3つの共通点があると考えます。

1.禁煙を我慢と考えてしまっている

もし「禁煙=我慢」と思っているのであれば、このチャレンジは辛いものになる予感がします。
なぜなら我慢する間ずーっと「タバコ」の事を考えてしまう場合が多いためです。
タバコ愛好家であった場合「タバコの事を考える」事は「吸いたい」にしかつながらず、結果ストレスとなってしまいます。

「目には目を」「タバコにはタバコを」

こんな悪循環な方法でしかストレスを解消できない思考を作り上げてしまう結果になりかねません。

「我慢と考えない、忘れるぐらいの気持ちで軽く考える」

難しいと思わないでください。
ここはもう、自己暗示が一番効きます。

我慢と考えると重くなり過ぎて、結果「たばこ」に集中してしまい辛くなってしまいます。

この際忘れてしまいましょう。

我慢の代わりに「今日の夕飯何食べよう」、「宝くじが当たったら何に使おう」など本気で考えてみましょう。

2.パブロフの犬現象

パブロフの犬現象とは条件反射的行動パターンの事を指します。
参照:「条件反射」(2015年2月17日 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

朝起きて⇒一服、ごはんを食べて⇒一服、休憩時間に⇒一服

タバコを愛好していた人は少なからずこういった条件反射的行動パターンが築かれていたのではないでしょうか。

思い当たる節がある人は、すでに生活のリズムの中に「タバコを吸う行為」事態がすでに組み込まれています。
このリズムが乱れると、とたんに精神的に落ち着かなくなってしまいます。

その結果、禁煙に挫折してしまう事になりかねないようです。

生活習慣を変える

新しいパブロフの犬現象を生活リズムに組み込もう。
私はパブロフの犬現象は新たなパターンで上書きできると思っています。

例えば、今までタバコが補っていた時間をすべて「腹筋30回」に変更。
その他、「シャワー」「歯磨き」「ランニング」「縄跳び」

体を動かす何かをお勧めします。

3.不安感やイライラ感を制御できない

これはわたしにとって厄介でした。
なぜなら、このイライラは昼夜とわずいつまでもいつまでも付きまとい、集中力を著しく低下させるからです。
それは、私生活はもちろん仕事にまで影響しました。

これは完全な「ニコチン依存・精神依存」によるもので真面目過ぎる人に強く表れる傾向があるようです。

代替えの何かを取り入れる

この不安感やイライラ感はタバコの害ってなんだろうでお話した「ニコチン依存症」によるものが影響
すると考えられます。

その元と言えるニコチンを摂取してしまっては意味がありません。

そこで当サイトは世の中に多く出回っている禁煙補助グッツをご紹介します。


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/1/main.jp-spears/web/ibimf/wp-content/themes/smoke/single.php on line 190